申込したいけど審査が不安!プロミスの審査に落ちるのはこんな人!

カードローンに興味はあるけど審査が不安、そんな人は少なくありません。どんなことを審査するのか、自分は審査に通るのかなど不安を抱えたままですとなかなか申込に踏み切れません。

カードローン審査ではおもに収入や過去の借入歴などを審査します。カードローンに限らずローン審査では返済能力の有無が審査の重要なポイントとなります。カードローンは決してハードルは高くありませんが、最低限の条件というものがありますので確認しましょう。

審査に臨む前に審査ではどのようなことをチェックするのか把握しておくことで審査を有利に進めることが可能となります。今回は老舗カードローンプロミスを例に審査について詳しくご紹介したいと思います。

審査に落ちる人にはどんな特徴があるのかということも調べてみました。審査に落ちる人の傾向を知り、審査前に改善できることがあれば試してみましょう。少しでも審査通過率をアップするためにできることがあればやっておいた方がいいですね。

審査のためにどんな準備をしていいかわからないという方はこちらの記事をチェックしていただければ役立つと思います。自身のベストを尽くしてスムーズに審査をクリアしましょう。

カードローンを利用するための最大のハードルである審査を乗り越えるためのアドバイスが満載ですのでぜひチェックしてください。

審査を受ける前にまずは申込条件をチェック!

借入先をプロミスに決めたらまず最初のステップは申込です。申込の手続きは面倒なのでは?とお考えの方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。プロミスでは申込から契約まで完結するWEB完結サービスがありますので全く手間や時間がかかりません。

申込条件

プロミスの申込条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

アルバイトやパートの方でも収入があれば申込が可能です。

必要書類

申込に必要な書類は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類及び源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などの所得証明書となります。

ただし、限度額が50万円以下の場合には所得証明書の提出は不要です。

WEB完結

プロミスでは来店、電話、自動契約機などによる申込が可能ですが、おすすめはやはりPCやスマホでいつでもどこからでも申込が可能なWEB完結です。WEB完結ならプロミスのHPにある申込フォームに必要事項を入力して送信するだけで申込が完了します。

24時間対応で郵送物や来店の必要がなく、カードレスで借入できます。

必要書類の提出もアプリやメールで楽々送信できます。

【申込の流れ】

WEB申込(24時間365日)

審査(最短30分)

審査結果と契約可能額の連絡(メール・電話)

契約(口座振替、カード不要を選択)

借入(振込融資)

WEB完結は原則カードレスですが後日カードを発行することも可能です。ただし、WEB完結を利用するためには指定の金融機関で本人確認が済んでいることが前提となります。お済みでない場合には契約書類の郵送が必要となります。

以上がプロミスの申込に関する詳細です。申込手続きは決して複雑ではありませんので安心してください。次の段落では申込をする前に知っておきたい審査内容についてのご紹介です。

プロミスの審査では安定した収入と信用情報がポイント!

プロミスの審査では一体どのようなことをチェックするのでしょうか。プロミスに限らずローン審査では主に安定した収入の有無と過去の借入歴をチェックします。安定した収入がなければ返済能力はあるとは言えませんし、過去に返済トラブルを起こしている人はまた同じことをする可能性があるからです。

安定した収入があるか

カードローン審査の最大の条件は安定した収入の有無です。安定した収入がなければ返済はできませんのできちんと仕事に就いていることが絶対条件となります。無職の方や専業主婦の方は借入はできません。

安定した収入の有無を確認するためには所得証明書の提出を求めたり、在籍確認を行ったります。限度額が50万円以下の場合には所得証明書は不要となりますが、プロミスのスタッフが申込者の勤務先に電話をかける在籍確認は必ず審査の段階で行います。

収入が低いので審査に通るのが不安という方も安心してください。収入が低い場合には限度額も低くなってしまいますが、借入できる可能性は十分あります。アルバイトやパートでも問題ありません。

信用情報に問題はないか

もう一つ審査の際に必ずチェックするのが信用情報です。信用情報とは信用会社が管理する個人のお金に関する情報です。過去のローンの取引情報やクレジットカードの利用歴などを確認することができます。

信用情報は金融機関の間で情報が共有されていますので、審査の際にチェックしてお金を貸しても問題のない相手かどうか確認します。

過去に返済の遅れや滞納、自己破産や債務整理などのトラブルがあるとお金を返さない人と判断され審査に不利になります。

また信用情報からは他社からの借入についても知ることができます。

すでに他社から多額の借入がある場合には返済能力は低いとみなされ審査に影響を及ぼすこともあります。

また現在は年収の1/3までしか借入できない総量規制という法律が施行されていますので、すでに1/3に達している場合にはこれ以上の借入は不可となり審査には通りません。

以上がおもな審査内容です。その他にも審査項目はありますが、安定した収入があり、過去に返済トラブルがなければ審査に通る可能性は高いと考えて間違いありません。

審査通過率をアップするために審査対策を練る!

プロミスの審査内容についてわかったところで少しでも審査通過率をアップするためにどうしたらいいのかアドバイスしましょう。審査対策と言われてもぴんとこないと思いますが、どんな点に注意したらいいのかチェックしてみてください。

申込内容や書類に不備、誤りがないようにする

当然ですが申込フォームに入力する内容や提出する書類に不備や誤りがないようにしましょう。不備があればいい加減な人と思われてしまうかもしれませんし、再提出ということになればせっかく即日融資が可能な商品でも借入まで時間がかかってしまうことになります。

申込フォーム送信前に今一度内容を確認しましょう。

在籍確認がスムーズにできるようにする

カードローン審査では必ず在籍確認が必要となります。在籍確認ではプロミスのスタッフが申込者の勤務先に電話をかけます。在籍確認がスムーズに行われるように勤務先の電話番号や内線番号に誤りがないか確認しましょう。

また都合のよい時間帯を知らせておくこともおすすめです。

一度に複数の申込をしない

審査に落ちたときのことを考えて一度に複数の申込をする人がいますが、複数の申込をするととてもお金に困っていると思われてしまいます。また他社の審査結果を待たなければいけないこともあり、時間がかかってしまいます。

まずは借入先を一社に絞って申込を行いましょう。

希望借入額を高くしすぎない

申込の際には希望の借入額を申告しますが、いくら多く借りたいからといって希望額を高くし過ぎるのは禁物です。

希望額はおおよそ年収の1/3までと決められていますし、新規利用の場合は返済能力を見極めるため通常より低めに設定されることも考えれらます。

どのような目的でお金を借りるのか明確にして、借り過ぎに注意しましょう。

以上が審査に臨む際に気を付けたいポイントです。申込前に問題がないかどうかチェックするといいと思います。

審査内容を把握して審査をクリア!審査に落ちるのはこんな人!

審査内容を把握して審査対策を行うことで審査をクリアできる確率は確実にアップします。最後に審査に落ちる人の特徴をまとめてみました。

審査に落ちる人はずばり無職の人など安定した収入がない人、過去に深刻な返済トラブルを起こしている人、多重債務に陥っている人などです。在籍確認が取れない場合も勤務先が確認できず審査に落ちる可能性があります。

安定した収入があり、信用情報に問題がなければ審査に通る可能性は高いのであまり不安にならず自信を持って申込をしましょう。プロミスとしてもできるだけ多くの人に利用してほしいと考えていますので、必要以上に審査を怖がることはありません。

こちらの記事では審査対策についてもご紹介していますので参考にしていただき、希望額を高くしすぎないことや複数の申込をしないように注意していただければと思います。

審査が不安で申込を躊躇していたかたもいざ申込をしてみると思ったよりあっけなく審査を通過して驚く方もいます。とくにプロミスなら問題がなければ審査は最短30分で完了し、即日融資も可能ですので勇気を出して申込をしてみましょう。